プロフィール

河野克典/バリトン

河野写真プロフィール 山口県出身。東京藝術大学卒業、同大学院修了。藝大「メサイア」公演でデビュー。 ドイツ政府給費留学生(DAAD)としてミュンヘン国立音楽大学マイスタークラスに学ぶ。その後ウィーン国立歌劇場研究員となる。
ジュネーブ国際音楽コンクール声楽部門第2位(1位なし)、ヘルトゲンボシュ国際声楽コンクール歌曲部門第1位、ザルツブルク市賞などの賞を受賞。ライン音楽祭、ザルツブルク音楽祭、アムステルダム・コンセルトヘボウ、その他ヨーロッパ各地でのリサイタルをはじめ、オーケストラ、そして宗教曲の公演にも数 多く出演する。その演奏はヨーロッパを始め世界各地で放送されている。特に西ドイツ放送協会(WDR)では数多くの放送録音、そしてリサイタル・シリーズを行う。
オペラは研究員時代のウィーン国立劇場をはじめ、リヨン・オペラでケント・ナガノの指揮のもと「蝶々夫人」のヤマドリなどに出演し、95年の国連50周年記念「サンフランシスコ公演」にも参加している。イタリアではカリヤリの劇場で「友人フリッツ」のダヴィドを、オランダでは演奏会形式オペラ「御代官様」(ヴォルフ作曲)のT・ルーカスを歌う。
日本国内ではソニー音楽芸術振興会主催の「Performance Today」でデビューリサイタルを、NHK交響楽団の定期演奏会には若杉弘氏の指揮でマーラーの「さすらう若人の歌」 を歌いデビュー。新日本フィルハーモニー交響楽団、 日本フィルハーモニー交響楽団、新星日本交響楽団などの定期演奏会や「第9」のソリストとして、また指揮者大野和士氏とは東京フィルハーモニー交響楽団の「オペラコンチェルタンテ・シリーズ」や定期演奏会に出演。
モーツアルトの「魔笛」でパパゲーノ役を国立劇場公演で演じる。そしてシュトラウスの「無口な女」理髪師役を、99年東京フィルの「オペラコンチェルタンテ・シリーズ」、02年3月東京オペラプロデュースの劇場公演でも歌う。 01年7月には新国での藤原歌劇団のオペラ「イル・カンピエッロ」に騎士アストルフィ役を歌う。
01年10月にはクルト・マズア指揮ロンドンフィルハーモニー管弦楽団「第九」公演のソリストをつとめる。
歌曲のリサイタルも多く、97年秋清水和音氏との共演により紀尾井ホールでリサイタルを開き、その後は1999年から2000年にかけてカザルスホールにてリサイタルシリーズ「歌・三夜一夜物語」を日本を代表するピアニスト、横山幸雄、清水和音、小山実稚恵氏らと共演し、企画、演奏を行う。これは01年秋の野平一郎氏との「白鳥の歌」、02年2月の小林道夫氏との「冬の旅」へと続いた。 03年からは10回のリサイタル・シリーズ「新・歌物語」を展開した。第2回「ヴォルフの世界」(ピアノ:野平一郎)は、平成15年度芸術祭優秀賞を受賞し、第10回最終章「マーラーの世界」では日本初のオーケストラ歌曲によるリサイタルを沼尻竜典氏指揮のNHK交響楽団と共にサントリーホールで行い大成功させた。その実力と構成力は高く評価されている。 これまでに小澤征爾氏、大野和士氏、ケント・ナガノ氏、沼尻竜典氏、オリバー・ナッセン氏をはじめ内外の指揮者と数多く共演をしている。
現在、横浜国立大学教育人間科学部教授、東京藝術大学非常勤講師としての後進の指導、そして2003年10月まで4年の間、朝日新聞社の「CD視聴室」の選者としても活動。
平成15年度文化庁芸術祭優秀賞受賞
第57回山口県芸術文化振興奨励賞(平成18年5月)
2008年11月より、山口ふるさと大使に任命された。 今回任命された大使のリスト